クレジットカード 作り方

収入証明や在籍確認が出来ない水商売の会社はクレジットカードが作れない?

水商売でもクレジットカードの審査に通る女性は沢山います

まず勘違いしてはいけないのは、水商売だからといって絶対にクレジットカードの審査に落ちてしまうかというと、そうではないということです。

バイトとして夜のお仕事で働いているお水の女性も、ボーイとして正社員でいる男性でもクレジットカードを作る方法はあります。

まず、ナイトワークの水商売という職業を気にする前に、もう一度、クレジットカードを作るための審査に必要なものを用意しましょう。

クレジットカードの審査に水商売が通らない理由

クレジットカード会社によっては水商売かどうかに関わらず、審査の際に本当にちゃんと申し込みの用紙に記入した会社に在籍をしているかの確認をすることがあります。

その際に、特に夜に働くナイトワークでは昼間は事務所に誰もいないので、電話に出てくれずにクレジットカード会社が在籍確認ができないことが理由として挙げられます。

水商売だからクレジットカードの審査に落ちてしまうのではなく、在籍確認ができないことが通らない原因であることもあります。

もし可能であれば、社員の方にクレジットカードを作る際の在籍確認をお願いしたいという旨を事前に伝えておきましょう。

また、水商売の会社にもよりますが、源泉徴収表や収入証明をしっかりと発行して貰えるのであれば年末だけでなく、発行してもらいましょう。

ネットショップ系のクレジットカードは水商売でも審査に通りやすい?

ネットショップでクレジットカードで買い物や支払いをしたい

楽天やamazonなどのネットショップのクレジットカード

ネットショップのクレジットカードやショッピングモールなどと提携している会社のカードは水商売でも審査に通りやすいという口コミもあります。

また、デパートや若者向けのパルコやマルイなどの商品でも職業が、水商売だったとしても審査に落ちなかったというような声もあります。

ただし、勘違いしてはいけないのは、水商売というのは名前の通り、収入が安定していないのです。

いくらクレジットカードに新規で契約できたからといって、後先考えずに水商売の女性がリボ払いや分割払いで、ブランド品や化粧品を買い物をしてしまうのはリスクがあります。

今の収入がこの先もずっと安定してあるとは考えずに、水商売であることを自覚して返済プランを考えた上でクレジットカードを利用しましょう。

水商売の方が最終的に借金を抱えてしまうのは、一番はクレジットカードの支払いやリボ払いの金利が追いつかなくなるほど買い物をしたりホストにつぎ込んでしまうからです。

そういった意味を踏まえて、水商売だからこそ、女性はクレジットカードの審査に通る方法だけでないのです。 こういった使い方ももう一度作る前に考えなくてはいけません。

クレジットカードが作れない、審査に落ちてしまうのは水商売だからというよりは、返済能力がないのです。 信用がないとカード会社が判断したということを考えて、もう一度、今の自分の状況を見つめなおしましょう。

いくら給料を稼いでいても水商売だけでクレジットカードの審査に落ちることも

クレジットカード会社の審査は水商売に対して厳しい状況は変わらない

水商売という仕事の内容ではなくクレジットカードの事故履歴

実はクレジットカードの審査に通らない水商売で働く女性が多いのは、お金の面にだらしがなく、過去に支払いの延滞があったり、もしくはスマホの割賦払いをしていなかったりなどの事故履歴があるということも理由の一つです。

それによって個人信用情報機関に事故履歴が掲載されてしまっているのに気がつかずにクレジットカードの新規契約に申し込みをして落ちてしまうのです。

いくら水商売で高い給料でお金を稼いでいても、過去の信用情報や履歴でブラックとなっている状態では審査に通ることは難しいでしょう。

クレジットカードは水商売でもなくては困る時代

職業の差別は日本では少なからず残っていて、水商売で働く女性はクレジットカードの審査に通りにくいという印象はかなりあるかもしれません。

月給で30万円以上稼いでいて、そこら辺の男性よりも年収は高かったとしても、銀行のカードローンやクレジットカードの審査に通らないことがあります。

しかし、今の時代クレジットカード払いができないとネットでのお買い物も代引きに限定されたりします。 かなり実際に不便ですので、水商売でもカードが持てないのはかなり困ります。

支払いがクレジットカードでしかできないネットショップやチケットなどもあったりします。

そういった意味でも水商売でも審査に通るなら欲しいと考える女性が多いのが事実です。

審査に落ちないようにするには、もう一つ、一つの会社に最低でも半年、出来れば一年以上勤めていることが大切です。

またできれば、作る方法としては収入証明となる源泉徴収表などがあると水商売でも審査に通ることは多くなるでしょう。