語源

実は語源を探ると隠された違う意味が含まれている

あまり知られていない本当の由来とは

語源はあまり知られておらず良く使われる夜のお仕事が指している職業とはよく耳にする言葉ですが、何もキャバクラやホストクラブ、風俗店のような夜のお仕事を指した言葉ではありません。

基本的に職業の中で先の見通しが立たないような仕事であったり、人気に左右されるようなお仕事の事を指した言葉になります。

本当の語源と間違った意味

本来の意味は、キャバクラやホストクラブ、風俗以外にも、プロ野球選手やプロサッカー選手などのスポーツ選手や小説家、漫画家、映画監督、イラストレーター、カメラマン、ライター、モデル、俳優、役者、ファッションデザイナー、お笑い芸人、タレント、アイドル、歌手、バンドマン、ゲームクリエーター、飲食店の経営など多岐にわたります。

現在では、「お水」というように略称で呼ばれる事もあります。 お水というような呼び方になった場合には、夜間営業でお酒を出す、キャバクラ、ホストクラブ、ガールズバー、高級クラブなどを指すようになりました。

水商売というとお水の仕事の事を間違えて覚えている方も多いので、この語源にもここでは注意するようにしてください。

咽頭クラミジアの症状と検査


語源としてはあまり古い歴史のあるものではない?

本来は違う意味でつかわれていた?

どうして水商売と呼ばれるようになったか、その語源とは夜のお仕事というような呼び方になった由来には諸説ありますが、2016年現在で、最も信憑性のある由来は大きく分けて三つあります。

一つ目は、商売自体が、人気や景気に大きく左右されてしまうような不安定な状態が、流れる水のように不安定な様子から付けられたという説です。

二つ目は、芸妓などの職業を泥水稼業や泥水商売と呼んでいたことから呼ばれるようになったとする説です。

語源は芸妓さんなどは、着ているお着物が華やかで素敵なのですが、その労働環境や労働内容を考えた時に泥水のように汚れている世界だからこのように呼ばれていたそうです。

三つ目は、時代劇などにも度々登場するお団子やお茶菓子、お茶を提供してくれる水茶屋から来ている節です。

スポーツ選手や芸能人にも使われている言葉ですので、一つ目か二つ目の説が濃厚のような気もしてきます。 これはキャバクラやホストクラブ、飲食店で使用されているのは、まさしく三つ目の説だと思います。

以前は後ろめたい職業の代名詞だったのですが

昭和の時代には、語源が風俗という職業はかなり下に見られていました。

しかし、2000年代になると、そのような評価は徐々に薄まって行きました。 現在では小学生の女子がなりたい職業に、なんと驚くことにキャバクラ嬢が上位に多くがランクインするまでになりました。

そうなった要因として挙げられるのは、このようなキャバクラ嬢を題材としたコミックです。 またはティーン層に人気のモデルさんや女優さんを抜擢した映画やドラマが大ヒットした事もかなり大きいと思いますが、最も大きな要因として、語源を知らないティーン層が見るファッション雑誌に、キャバクラ嬢が登場し人気になっている事が挙げられると思います。

語源とは異なり悪い意味を未だに含む言葉

どうしても言葉に悪いイメージが付きまといます

語源を知らずにファッション雑誌に登場するキャバクラ嬢の方は、若い女性の方にしてみたら、最新のファッションに身を包む彼女達は憧れ以上の何物でもありません。

また、人気のキャバクラ嬢やホストは、テレビや映画などのメディアなどにも度々登場し、知名度が徐々に上がっています。

その為、以前は、下に見られていた職業の代名詞だった職業ですが、現在では市民権をしっかりと得ています。

水商売の語源を考える場合には、現在のように多様化されていますので、どれか一つに絞るのは難しいと思います。

現在では美容クリニックや脱毛エステサロンなどもこの職業に含まれるそうです。

語源はこのページで紹介した三つの説が有力だと思いますが、どれが一番に正しいと決める事は出来ないと思います。

元々は狭い意味合いだった物が、長い年月をかけて徐々に意味合いが変化し、内容が多様化した物と考えられます。

また、脱毛エステや美容クリニックのように新たに呼ばれるような職業も出てくることで、その意味合いも合わせて変わっていく事を覚えておいてください。