保育園

保育園に子供を預けて旦那の手伝いはあり?

親が水商売で働く方は保育園はどうしてる?

ナイトワークで働くにあたってキャバクラやホストクラブなどの夜のお仕事で働く場合には、色々と問題になる事が出て来てしまいます。

例えばアパートを借りる時に、このジャンルですと借りる事が出来ないアパートがあったり、公立の保育園に入る事が出来なかったりする可能性があります。

またお給料などを貰ったとしても確定申告を行う必要があり、少々面倒な事があります。

それらを踏まえた上でキャバクラやホストクラブで働く必要があるという事です。

水商売が公立の保育園に入れない理由

夜のお仕事が公立の保育園に入れない理由で挙げられるのが、公立の保育園の少なさです。

テレビのニュースなどでも度々紹介されていますが、とにかくどうやっても入りたい方と入れる人数に大きな差が出てしまっています。

需要があるのに何故足りないか

日本は、過去に類を見ないほど少子高齢化が進んでいます。

昔よりも小さな子供が少なく、リタイアしたご年輩の方が多いのにです。 こうして保育所を利用しなければいけない方が、実質、本当に多いのは矛盾していると考える方も実際に少なくありません。

人気の保育園に預けることは難しい理由は?

子孫は現在何をしているのか?

特に大都市などでは保育所の少なさは深刻な問題になっています。

何故、保育所が少ないのかという理由を挙げると、最も大きな物は儲からないという事です。

保育所は使う土地の広さと収支のバランスが悪いので、商売として成り立たないという事があります。

特に国の設定している基準を満たす認可保育所の場合には、0歳児には1人当たり3.3平方メートル、子ども3人に1人の保育士が規則で必要となっています。

都内でこれを今から実現しようと思ったら、かなり大きなスペースが必要になります。

基本的に保育所を利用する人は、収入がそこまで多い方ではありません。

認可外保育所のような割高な所は利用できませんので、どうしても認可保育所を利用したい方が多くなり、その影響で足りなくなってしまうのです。

水商売で保育園を利用する場合

夜のお仕事の方が保育園を利用できない理由は、キャバクラやホストクラブの労働時間です。

保育園は、日中に働いている方が、その時間の間だけ代りにお子さんの面倒を見るような場所です。

認可保育所は日中ですので、キャバクラやホストクラブの営業時間ではありません。

その為、働いていない時間は見られないという事で、他の利用者を優先してしまうという事があります。

キャバクラやホストクラブの場合には、割高になってしまう認可外保育所で、24時間か、もしくは夜間の保育所を利用するしかないというのが、今の日本の現状になります。

昼間の仕事でないと保育園は預かってくれない?

夜間の保育園は高い?

保育園を完備している働き口も最近では、キャバクラで働く方の中には、シングルマザーの方が増えてきました。

働きたいけど子供がいるから働けないという悩みを持っている方が多くいらっしゃいます。

その為、お店側も、深夜の営業時間にお子様を見ていてもらう事ができる提携の認可外保育所を斡旋してくれるようなお店が増えてきました。

そういったお店でしたら、安心して働く事ができますし、そして水商売に理解の無い方が預かってくれるわけではありませんので、こちらの都合をしっかりと考えながら預かってもらう事ができます。

実際に、このような取り組みを行っているキャバクラは、直ぐに辞めてしまいがちなキャバクラ嬢が長期間働いてくれるという事もあり、順調に売り上げを伸ばして言っているお店が多いそうです。

小さなお子様がいる場合には

小さなお子様はとにかく体調の変化が敏感になっています。

直ぐに熱を出したり、食べた物を戻してしまうようなお子様が多いと思います。

シングルマザーで働こうと思ったら、保育所だけでなく、そのような事に対してしっかりと理解のある職場で働く事が重要になります。

お子様が無理できない分、お母さんに無理が出てしまうのは間違いありません。

安定した収入を得るためには、子供だけでなく、自分自身の働く環境をしっかりと考えてからお店を選ぶようにしてください。